世界初「iPhone 6s」の高画質筐体写真がリーク?

NewImage

WWDCも終わり「iPhone 6s」の季節が近づいてきました。9to5Macは、Appleのサプライチェーンに精通している、信頼できる情報源から入手した「iPhone 6s」の高画質筐体写真を公開しています(MacRumors)。

外観はiPhone 6と同じ

情報によると、筐体のサイズや厚みはiPhone 6とほぼ同じ。

NewImage

Lightningコネクタ、スピーカー、マイク、ヘッドフォンジャック、ボリューム/ミュートボタン、スリープボタン、SIMカードスロット、アンテナライン、カメラ/LEDフラッシュなどの穴の位置もiPhone 6と同じで、従来の"s"モデルと同様に外観に変更がないことが確認できます。

反面内部構造は細かなレイアウトの変更が行われていて、これはロジックボードの変更に起因するものだと予想されています。

噂ではiPhone 6sには、A9プロセッサ、2GB RAM、Fource Touch、7000シリーズのアルミ素材の採用などが予想されています。はたしてこの写真は本物なのかどうなのか、期待が高まります。

スポンサーリンク