【朗報】「iPhone 7」で出っ張りカメラとアンテナラインが廃止へ

NewImage

「iPhone 7」ではiPhone 6/6s 世代で評判の悪かった背面の「出っ張りカメラ」がなくなるかもしれません。Apple製品の噂情報に強い海外サイトMacRumorsが、過去信頼できる情報を提供した実績を持つ情報源から得た話として伝えています(9to5MaciDownloadBlog)。

MacRumorsによると「iPhone 7」のデザインはiPhone 6/6sに非常に近いものになるものの、大きな2つの違いがあるとのこと。

まず1つ目の差異は、背面カメラの出っ張りがなくなることで、薄型のカメラモジュールの採用によりカメラレンズが筐体とフラットに設置可能となります。最近iPhone 7 Plusにはデュアルレンズカメラが搭載されるという噂が流れていますが、より小型のiPhone 7には従来型のカメラが採用されるそうです。

次の差異は背面のアンテナデザインの変更で、背面のライン状の樹脂が取り除かれ、背面筐体はメタルで統一されることになります。ただし上下端の樹脂部分は残るようです

iPhone 7の厚みがiPhone 6/6s より薄くなるかどうか確認できなかったそうですが、背面カメラの出っ張りがなくなることは、特にケース無しでiPhoneを使用するユーザーにとって恩恵が大きいだろうと指摘しています。

スポンサーリンク