iPhone 7シリーズのホームボタンの意外な弱点とは

Iphone7homebutton 800x491

iPhone 7シリーズのホームボタンは従来の物理式ではなく、圧力を感知するタッチセンサー式のホームボタン(ソリッドステートボタンと呼ばれている)を採用しています。

Taptic Engineと連携し触覚的なフィードバックを正確に返しカスタマイズも可能とされているこの新型ホームボタンですが、使用する際は、素手もしくはタッチ対応の手袋を着用する必要があることが明らかとなりました(MacRumors)。

通常の手袋や、シャツのような布越しにiPhone 7のホームボタンを押してもうまく機能せず、iOS 10から変更されたロック画面の仕様によってパスコードを素早く入力することもできなくなっているとのこと。

タッチ対応の手袋も、MacRumorsがiPhone 6s Plusで動作したもので試したところiPhone 7では動作せず、Twitter等のレポートでは動作するもの動作しないものが混在する状況のようです。違いは手袋の素材によると想定されていて、例えばラテックス手袋は、ホームボタンを動作させることができませんが、ディスプレイをタッチすることは可能な模様。

冬場手袋越しにiPhoneを操作しようとする場合は、少し気にしておいたほうがよい情報かもしれません。

スポンサーリンク