iPhone 7 Plusジェットブラックモデルを一週間裸でつかってみた結果…

IPhone 7 plus back side

漆黒の艶のある仕上げが美しいiPhone 7のジェットブラックモデル。カラーバリエーションの中でも一番人気で、最も入手困難な色となっているようです。そのような中おなじみのテックサイト9to5Macが、iPhone 7 Plusをケースなしで一週間使用したらどうなるのか、という興味深い記事を公開しています。

記事によるとジェットブラックは、見た目のほか手に持ちやすいという実用的な利点があるそうで、iPhone 7 Plusを手の中で持ち替えても落とす心配はしなくなったとのこと。

高光沢のアルミ仕上げはガラスのような触感で、目をつぶって触っただけでは筐体のディスプレイ面を触っているのか裏面を触っているのか区別できないぐらいだと説明しています。

Iphone7 jetblack

ただしやはり指紋はつきやすく常にシャツを使って指紋を拭き取っているそうで、細かな擦り傷がつくのも避けられない模様。明るい光の下でよくみると傷がついているのが確認できるようです。傷は筐体の下部についていてポケットに出し入れするときかテーブルに置くときについたものだろうと推測されています。

またケース無しの状態で二回ほど落下させていて、ディスプレイは大丈夫だったものの筐体に白い小さな傷がついているようです。

記事は、指紋や小さな傷がつきやすく、落下して傷がついた場合は他の色よりも目立つ可能性があるとしながらもジェットブラックにおおむね満足しているとまとめています。

同記事にはさらに多くの写真が掲載されています。またTwitter上の使用例も掲載されていますのでご確認ください。

スポンサーリンク