iPhone 7は耐水性があるものの、液体ダメージは保証の対象外

Iphone7plus lineup 800x628

Appleの最新型スマートフォン「iPhone 7/7 Plus」はIP67等級の耐水性および防塵性能を持つことがアピールポイント一つとしてあげられています。

スペックだけを見ると、どれだけ水に浸しても大丈夫なように思えますが、あまり無茶なことをすると保証が受けられなくなるかもしれません。なぜなら液体ダメージは保証の対象外と公式サイトにはっきりと記載されているためです(MacRumors)。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。

IP67は耐水性能と防塵性能を組み合わせた表現となっていて、IP6xは「粉塵が内部に侵入しない」最高レベルの防塵性能とされています。対して、IPx7は「一時的な潜水に対する防水性能」を表し、完全な防水機能を有するものではないとされています(IPx7は初代Apple Watchと同じです)。

スペックに偽りはなさそうですが、iPhone 7を持ったままプールで泳いだり、お風呂に沈めて水没実験をするのはやめたほうがよさそうです。

スポンサーリンク