【Macお宝鑑定団】「iPhone 7」はアクセサリーメーカー泣かせ?マイナーアップデートだけど液晶保護フィルムは共用できず

NewImage

今年発売される「iPhone 7」はこれまでの慣習を破り目立った新機能があまり追加されないマイナーアップデートになるとの見方が強まってきています。

このようななかMacお宝鑑定団Blogは本日、iPhone 7はマイナーアップデートながらセンサーの位置や仕様が微妙にかわり、iPhone 6s/6s Plus用のケースや液晶保護フィルム類がそのまま使用することができない可能性があると伝え注目を集めています(MacRumors9to5Mac)。

同ブログによるとiPhone 7では前面にある近接センサーがデュアル使用に変更されるほか、横の環境光センサーが左側から右側に移動し、レシーバーも少し長くなっている可能性があるとのこと。また背面のiSightカメラもiPhone 7では大型化し、iPhone 7 Plusではデュアル化するとされています。

この変更によって既存のiPhone 6s/6s Plus用のケースが使えないだけでなく、液晶用保護フィルムもそのまま使えない可能性があり、Alibaba.comの液晶保護フィルムメーカーの何社かが受注を取りやめている模様です。

カメラの変更はもとから言われていたのでケースが使えなくなるのは想像通りですが、保護フィルムまで使えなくなるのは想定の範囲外かもしれません。iPhone 7用液晶保護フィルムを購入する際は間違えないようにしたほうが良さそうです。

スポンサーリンク