2.37GHz A10、3GB RAMを搭載したiPhone 7 Plusの偽ベンチマーク結果が流出

Iphone 7 benchmark e1470727963106 800x992

まだ発売されていないどころか発表もされていないiPhone 7 PlusのGeekbenchの結果がインターネット上で公開され話題を集めています(MacRumors9to5Mac)。上がその結果のスクリーンショットですが、Geekbenchを公開しているPrimate Labsの創業者John Poole氏は、上記結果をフェイクであると断言している模様。

Update: Primate Labs founder John Poole has said the Geekbench results are fake.

念のため結果を確認しておくとシングルコアのスコアは3548、マルチコアのスコアは6430となっていて、これはA9プロセッサを搭載したiPhone 6 Plusの2490/4341を上回るスコアとなっています。さらに2.2GHz A9X搭載の12.9インチiPad Proのスコア3224/5466をも当然ながら上回っています。

またRAM容量は3GB、搭載されたA10プロセッサの周波数は2.37GHz、モデル番号はiPhone9,2であることも確認できます。

ベンチマークスコアはともかく、iPhone 7シリーズでは大画面のiPhone 7 Plusにだけ3GB RAMが搭載され、iPhone 7は2GBのRAMのままになるとの噂が有力です。Appleは発表会でiPhoneのRAM容量を発表しない方針をつらぬいているため、実際に実機がユーザーの手に届くまで、ヤキモキする日が続くかもしれません。

スポンサーリンク