【KGI】「iPhone 7 Plus」は3GB RAMを搭載!4インチ版のiPhoneも発売と予想【モヤモヤ】

NewImage

Apple製品の予想でおなじみKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、2016年に発売が予想されるiPhoneに関する新たなレポートを発表し注目を集めています(MacRumors9to5MaciDownloadBlog)。

Kuo氏はまず、来年2016年の前半に4インチ版のiPhoneの量産が始まると主張。A9チップと金属筐体を採用し(iPhone 5sのアップグレード版的なモデル)、iPhone 6s/6s Plusとの差別化のために、3D Touchがサポートされないだろうと予想しています。

また、気になる「iPhone 7」に関しては、通常通り第3四半期に発売され、A10チップを採用。ここまでは良いのですが「iPhone 7は2GBのRAM、iPhone 7 Plusは3GBのRAM」が搭載されると予想をしています。

この予想が本当なら、iPhone 7ではじめて無印とPlusのRAM容量の差別化が図られることとなります。通常AppleはiPhoneのRAM容量を発表しないため、iPhone 7の発表以降〜発売まで、iPhone 7/7Plusの実際のRAM容量がいくつなのか、例年以上にモヤモヤする日々が続くことになるのかもしれません。

スポンサーリンク