【KGI】「iPhone 7」は極限まで薄型化されてiPod Touchと同等に?

NewImage [Image Credit: ComputerBild]

おなじみKGI証券のMing-Chi Kuo氏が、来年発売される「iPhone 7」の厚さが、6.0mm〜6.5mmにまで薄型化されると予想し注目を集めています(MacRumors9to5Mac)。

現行のiPod Touchの厚さは6.1mm、iPhone 6は6.9mm、iPhone 6 Plusは7.1mmで、6s世代はこれより0.2mm厚くなることが予想されていますので、実現すればかなり大胆な薄型化が達成されることになります。

Kuo氏は、iPhone 7で引き続きForce Touch対応のディスプレイが採用される見通しであること、およびインセル型タッチパネルからグラスオングラス型タッチパネルへの移行が起こりそうもないことも主張。インセル型パネルが引き続き採用される理由として、生産上のボトルネックが存在しないことや、Appleが早急に4K解像度を必要としていないことを挙げています。

まだ「iPhone 6s」の発表さえ行われていない段階のKuo氏の「iPhone 7」リポートがどこまで当たっているのか、今後注目が集まりそうです。

スポンサーリンク