【要注意】iPhone 7/7Plus用の保護フィルムは新しく購入しないといけない

IMG 3114

ディスプレイサイズや筐体デザインなど、iPhone 7シリーズはおおむねiPhone 6/6sの特徴を引き継いでいます。このため画面の保護フィルムも過去のiPhone 6/6s用のものが流用できそうに思えるのですが、これが微妙に(?)適合しない事が9to5Macの記事により明らかとなりました。

特にステレオスピーカーを実現するために大きくなったと思われるイヤーピース(筐体上部の受話口)の違いが大きく、iPhone 7 Plusでは差が顕著にあるとのこと。対してiPhone 7の場合はそれほど違わないようです。

またフロントカメラの位置も移動していて、これも7 Plusの場合に差が大きいようです。当然ながら背面もカメラのデザインが異なっているため、背面用フィルムは流用できません。

実際に購入した「ラスタバナナ iPhone 7 高光沢フィルム」をiPhone 6に重ねてみたところ、カメラと受話口の部分の切り抜きが大きくなっていることが確認できました(逆にこのフィルムをiPhone 6/6sに使用することはできるらしい…)。

フィルムを購入する場合はしっかり対応機種を確認したほうがよさそうです。

スポンサーリンク