iPhone 7では故障時の緊急避難用ソフトホームボタンが利用できる

Iphone

iPhone 7は従来の物理式のホームボタンではなく、タッチセンサー式のホームボタンを採用しています。Appleはこのホームボタンを「ソリッドステートボタン」とよび、設定画面でTaptic Engineによるフィードバックの強さを自由に設定できることが可能になっています。

そのような中、MacRumorsのフォーラムメンバーiwayne氏は、iPhone 7のホームボタンが故障した際、メッセージとともに緊急時に使用できるソフトウェア式のホームボタンが自動で表示されることを発見しました(MacRumors9to5Mac)。

The Home Button My Need Service
In the meantime, you can use the onscreen Home button below.

画面には「ホームボタンは修理が必要かもしれません。それまでの間画面上のホームボタンを使用できます」というメッセージが表示され、ディスプレイ下部にホームボタンが表示されていることが分かります。

iPhoneの充電を始めるとディスプレイが自動的にオフになってしまい、再び電源を表示するとこの画面が表示されていたとのこと。

Appleは来年発売となるiPhone 8で画面埋め込み式のホームボタンを採用するのではないかと噂されています。今回の緊急避難用ホームボタンの存在は、物理式からソフト式に徐々にシフトしつつあるホームボタン機能を先取りするものかもしれません。

スポンサーリンク