【WSJ】iPhone 7はマイナーチェンジで確定か?ヘッドフォンジャックの廃止が最大の変更?

NewImage [Image Credit: iphoned.nl]

今年発売される「iPhone 7」はこれまでの慣習を破り小規模なアップデートになるのではないかという噂が優勢です。このような中WSJも、事情に詳しい複数の関係者の話として今秋発売される「iPhone」で大きな変更がないとする新たな報道を行っています(MacRumors)。

WSJによると、iPhone 7とiPhone 7 Plusはこれまで通り4.7インチと5.5インチのディスプレイを採用し、背面のアンテナラインの削除や、ヘッドフォンジャックの削除など、変更はわずかなものになる見通し。ヘッドフォンジャックの削除は、筐体の薄型化の他に、耐水性を向上させるためにも効果があるとされています。

これに対して2017年に発売されるiPhone 8ではiPhone発売10周年を記念する大幅なアップデートが控えている模様です。

特に目新しい情報ではありませんがこれだけ何度も同じ情報が報道されるということは、やはり「iPhone 7」シリーズはマイナーなアップデートになるということがほぼ確定的なのかもしれません。「iPhone 8」では、全面対応のOLEDディスプレイや、埋め込み式Touch IDなど、かなり革新的な新機能が搭載されるのではないかと噂されていますがはたして…。

スポンサーリンク