iPhone 7 vs iPhone 7 Plus、SafariタブテストでRAM容量の違いをテストした結果

Iphone7 ram test

Appleはこれまでの方針通り、スペックシートにiPhone 7/7 PlusのRAM容量を掲載していませんが、ベンチマークや分解によってiPhone 7には2GB、iPhone 7 Plusには3GBのRAMが搭載されていることが判明しています。

数字上はiPhone 7 Plusが1.5倍のRAMを搭載していることになり、大きな差があるように思えますが、このRAM容量の差が実運用する上でどのような違いとなって現れるのでしょうか。今回9to5Macは、両デバイスでSafariのタブを数多く開き、ロードする際の速度を比較するテスト動画を公開しています。

テストはiPhone 7とiPhone 7 Plusを横にならべてSafariでサイトを開いておき、順番にタブを切り替えてリロードが発生するかを確認するというもの。

結果は意外なことにSafariのテストでは差はほとんど無いというものでした。理由としてiPhone 7 Plusのほうが画面の解像度が高くその分メモリを消費してしまうこと、および1GBから2GBの増量に比較すると、2GBから3GBの増量がスウィートスポット(最も影響のあるポイント)を外していることなどが挙げられています。

9to5Macは、それでもカメラの違いやバッテリー持続時間の違いからiPhone 7 Plusを買う価値があるとまとめていますが、RAM容量の差別化に怯えていた(?)無印ユーザーにとっては今回の結果は朗報といえそうです。

スポンサーリンク