iPhone 7にはLightning-to-3.5mm変換コンバーターが付属?ドイツ銀行が予測

Spaceblack

ドイツ銀行がサプライチェーンから得た情報をもとにiPhone 7に関する調査報告を公開。Lightning EarPodsではなく、Lightning端子を3.5mmヘッドフォン端子に変換するドングルが付属するとの予想を行い注目を集めています(Business Insider9to5Mac)。

レポートによるとiPhone 7 Plusは3GBのRAMを搭載しデュアルレンズカメラを採用。無印版iPhone 7のカメラも改善されます。シリーズ全体の特徴として、ステレオサウンド化や、耐水性の向上、ホームボタンのタッチセンサー化、新色の追加の可能性も示唆されています。

  • A “Plus” model with a dual-camera for better zoom and 3GB of RAM
  • A standard model with an improved camera and optical image stabilisation
  • Better sound, possibly stereo sound
  • “Professional class water-proofing”
  • A home button that uses motors to simulate a click, which would last longer than the current home button
  • A new colour, so there’s a version that looks different than current iPhones
  • The elimination of the 3.5mm headphone jack, as has been discussed endlessly. Headphones will instead plug in through Apple’s lightning charging port
  • Deutsche Bank expects Apple to include a Lightning-to-audio dongle with the iPhone 7, not a pair of Lightning headphones

ただし9to5Macはサプライチェーンが常に信頼のおける情報源ではなく、新色の具体的な色が不明なことや、Lightning変換ドングルがDAC(デジタルアナログコンバーター)を含まないといけないとなると、かなり大きく不格好になることから、報告の信頼性に疑問を呈しています。

スポンサーリンク