iPhone 8のフロント・リアカメラは4K/60fpsの動画撮影に対応か - HomePodファームウェアの解析がさらに進行

Cameraiphone8

Appleが先日公開した「HomePod」のファームウェアの解析が止まりません。今度はiPhone 8のフロントカメラとリアカメラに関する情報が見つかったようです(MacRumors)。

今回情報を伝えたのはブラジルのサイトiHelp BRです。ファームウェアに含まれるファイルから文字列情報を抜き出し、その中にフロント・リアカメラ双方で、4K/60fps動画が撮影できる能力があることを示唆する情報が含まれていることを示しているのです。

現在iPhone 7/7 Plusのリアカメラは4k/30fpsの動画撮影に、フロントカメラは1080pの動画撮影に対応していますが、4K/60fpsには対応していません。このことから見つかった情報は、iPhone 8のカメラのものだと見込まれています。

フレームレートの向上はiOS 11とともに導入されるAR機能のためにも役立つことが期待されています。

スポンサーリンク