iPhone 8は3GB RAMを搭載し32GBモデルは廃止へ?

S 20170215 91208

今年発売される全面OLEDディスプレイを採用したiPhoneは、iPhone 7 Plusと同様の3GBのRAMを搭載し、64GBと256GBのストレージオプションが採用されると、中国の調査会社TrendForceが分析していることが分かりました。

レポートによると「iPhone 8」は、強度的な問題から完全な曲面ディスプレイを採用せず、iPhone 6以来採用されているラウンドエッジタイプの2.5Dカバーガラスを採用する予定とのこと。3Dセンシング技術によって、ホームボタンが削除される可能性も示唆されています。

5.8インチモデルとともに発売される、4.7/5.5インチモデルのRAM容量に関しては、5.5インチモデルは3GBのRAM、4.7インチモデルは2GBのRAMと従来と変更はない模様。どちらも最大256GBのストレージとなるようです(スタートは不明)。

Iphone 8

OLEDディスプレイ採用モデルは、1,000ドルを超えるプレミアムモデルになるとも予想されており、ストレージ容量が64GBから開始となることも十分考えられそうです。

スポンサーリンク