【KGI】iPhone 8では新技術によってバッテリー容量が激増へ

S 20170205 102047

Apple関連の予測情報でおなじみのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が新たなレポートを発表。iPhone 8では新しいロジックボードデザインの採用により、バッテリーライフが大きく改良される可能性があることがわかりました(MacRumors)。

Kgi iphone stacked logic board

Kuo氏によると、OLEDディスプレイを採用したiPhone 8は、10層から20層に変更となった新しいロジックボードによって、これまでの4.7インチモデルとほぼ同じ大きさながら、5.5インチモデルと同様の2,700 mAhのバッテリーを搭載することが可能になるとされています。

As battery material tech isn’t likely to see major breakthroughs in the next 3-5 years, mainboard area can only be reduced via stacked SLP, which makes space for larger battery and extended usage time. Thanks to stacked SLP, we expect the OLED iPhone to have similar dimensions to a 4.7” TFT-LCD iPhone, and have comparable battery capacity (equipped with around 2,700 mAh L-shaped 2-cell battery pack) to a 5.5” TFT-LCD iPhone. The battery life of the OLED iPhone could be better than that of the 5.5” TFT-LCD model as OLED panels are more energy-efficient than their TFT-LCD counterparts.

バッテリー技術これから数年の間は革新が望めず、メインボードのスペースを削減し、バッテリー容量を大きくすることによってだけ、バッテリー持続時間を長くすることができるとのこと。

OLEDパネルはエネルギー効率が高いため、5.5インチiPhoneよりもさらにバッテリー持続時間が長くなる可能性もある模様。ちなみにiPhone 7は1,960 mAh、iPhone 7 Plusは2,900 mAhのバッテリーを採用しており、OLED iPhone 8はかなりiPhone 7 Plusに近い容量であることがわかります。

スポンサーリンク