iPhone 8の最終デザインが流出か。大きくなった電源ボタンが意味するものは…

22041 26204 iPhone 8 Render 1 00071 1 l

今年発売が期待される「iPhone 8」こと新型のiPhoneに関しては、すでにさまざまな図面やモックアップの写真がインターネット上に出回っています。

そのような中Forbesは、ケースメーカーNodusから入手したCADレンダリング画像を、iPhone 8の最終版のデザインとして紹介。これまでよりも大きくなった電源/ロックボタンの存在や、背面のTouch IDが存在しないデザインが特徴となっています(AppleInsider)。

公開されたレンダリング画像はほぼこれまでの噂情報を踏襲するものとなっています。

IPhone 8 Render 1 0012

フロント部はディスプレイが全面化し、ホームボタンが削除。上部にはセンサーやスピーカー、カメラのための切り抜きが存在しています。

IPhone 8 Render 1 0007

背面は縦型デュアルレンズカメラが特徴です。

AppleはiPhone 8で、画面埋め込み式のTouch IDや3D顔認証を採用するのではないかと噂されていますした。しかしこれらの方法には技術上の問題が存在するとされ、代替案として電源ボタンへのTouch IDの埋め込みもありうるのではないかと予想されています。

今回のデザインはTouch IDの電源ボタンへの埋め込みを示唆しているのでしょうか。

スポンサーリンク