【DigiTimes】iPhone 8はガラス筐体だけどiPhone 7sはアルミ筐体を採用か

S 20170215 91208 [Image Credit: iPhone 8 Concept by Moe Slah]

Appleが今年発売するiPhoneは、従来の4.7インチ/5.5インチモデルにハイエンドモデルが追加され、合計3モデル構成になるのではないかとの噂が飛び交っています。

3モデルがどのような棲み分けになるのか注目を集めているなか、台湾のメディアDigiTimesが、4.7インチモデルは従来通りアルミ合金製の筐体を採用するのに対し、新しく追加される5.8インチiPhoneは、ステンレスフレームとガラス筐体を採用したハイエンドモデルになるとする新たな記事を公開しています(MacRumors)。

なお5.5インチモデルに関してはまだ確認が取れていないとのこと。

5.8インチのガラス筐体採用iPhoneは、OLEDパネルを採用し、価格が1,000ドルを超える高価なハイエンドモデルになると予想されています。

これまでiPhone 8に関して、OLEDディスプレイを採用したガラス筐体モデルになるとの噂が強まってきていますが、昨年末Macお宝鑑定団ブログは、iPhone 7s的なデザインに大きな変更がないiPhoneが発売されるとも伝えています。

ひょっとしたら今年発売されるiPhoneは、アルミ製とガラス製の2種類のiPhoneが発売されるのかもしれません。今後も引き続き情報に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク