iPhone 8は無線充電やディスプレイ埋め込み式Touch IDに対応?新たなリーク情報とコンセプト画像が公開

Iphone 8 ios 11

AppleはWWDCでiOS 11を発表しましたが、iOSが動作する最もメジャーなデバイスであるiPhoneの新バージョンは発表しませんでした。そのようななか、iDropNewsは独自の情報源から得た話として、iPhone 8(iDropNewsは"iPhone X"と呼んでいます)に関する新たなレポートを公開しています(9to5Mac)。

iDropNewsがまとめたiPhone 8の新機能は以下の通り:

  • 無線充電: iPhone 8は内部に"パッド"が存在し、背面のガラス筐体の効果もあって無線充電が可能となる
  • 縦配列のデュアルレンズカメラ: AR対応のための変更。縦配置にすることでAR使用時ランドスケープモード状態のユーザビリティや効率を拡張する
  • 顔・虹彩生体セキュリティ: デバイスのフロントに配置されたレーザー・赤外線センサーと3Dデュアルレンズカメラを組み合わせ、顔認証や虹彩認証を含む新たなセキュリティ認証機能が追加される
  • ディスプレイの下に隠されたTouch ID: Appleは複数の方法をテストしているが、最終的には、前面ガラスの下に隠されたTouch IDメカニズムが導入される

なおフロント部にどのようなセンサーが埋め込まれるかはまだ不透明な状況で、iPhone 7で大人気だったJet BlackオプションがiPhone 8に追加される可能性もあるとしています。iPhone 8 Jet Blackは側面の金属部分が本体と同じ黒色になる模様。

Iphone x idrop news 10

iDropNewsにはiOS 11が動作する、iPhone 8のコンセプト画像が多数掲載されています。iPhone 8のイメージをつかみたいかたは確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク