iPhone 8の売上、iPhone Xに勝利か

24476 32059 CIRPchart top l

2017年ホリデーシーズンの米国のiPhone出荷数の内訳において、iPhone 8がiPhone Xを上回った可能性があることがわかりました(AppleInsider)。iPhone 8はiPhone Xに勝利しただけではなく、iPhone 7に対しても2倍近くの差をつけています。

Consumer Intelligence Research Partnersが500人のiPhone購入者について2017年の10月から12月まで調査したところ、調査期間の2カ月間中にiPhoneを購入したユーザーの中で、iPhone 8を購入したユーザーは24%、iPhone 8 Plusは17%、iPhone Xは20%、iPhone6やiPhone SEを含むその他が39%だったとのこと(上記グラフ)。

グラフには昨年の調査結果も掲載されていますが、今年はiPhone Xが後から発売されたため、前年の結果と比較するのは困難な模様。

特に10月はiPhone Xがまだ販売されていなかったため、今回の調査はiPhone 8/8 Plusに有利なものといえるかもしれません。

実際に別の調査結果では米国や日本で、iPhone Xが一位となっているらしく、高価なiPhone Xが予想以上に売れているとする見方もあるようです。

スポンサーリンク