【KGI】iPhone 8の量産は10月から11月へ遅れそう - 2017年中の入手は困難に?

Iphone8concept

Apple関連の予想情報でおなじみのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、iPhone 8に関する新たなレポートを公開。部品生産がボトルネックとなり大量生産が10月から11月にずれこむと予想していることが判明しました(MacRumors9to5Mac)。

生産遅延の原因としては、カスタムOLEDディスプレイパネルや、10nmプロセスのA11プロセッサ、新型の3D Touchモジュール、3DセンシングカメラなどiPhone 8で採用される各種部品の生産の複雑さがあげられています。

これまでの予想では8月から9月に大量生産が始まると見込まれていたため、2〜3ヶ月生産が遅れることになります。iPhone 8の話題性から考えると、2017年中にiPhone 8を入手するのはかなり困難な状況になるのかもしれません。

生産の遅延は実際の需要減には結びつかないとしながらも、今年度中のiPhoneの売上げの下振れリスクにはなりうるとしています。

スポンサーリンク