iPhone 8の背面Touch IDは1000%フェイク?

Iphone 8 clsa 768x663

今年発売されるiPhone 8は全面ディスプレイが採用されるとの噂が有力で、結果的に従来の場所に設置できなくなるTouch IDがどのように置き換わるのかが注目を集めています。

ディスプレイ埋め込み式のTouch IDが採用されるとの噂もあるなか、香港の調査会社CLSAは、Touch ID自体は引き続き存在するものの、iPhoneの背面に移動する可能性が高いとした新たなレポートを公開していることが判明しました(MacRumorsiDownloadBlog)。

CLSAのアナリストはSebastian HouとBrian Chen氏は、ディスプレイ内蔵式の指紋センサー技術が未成熟でiPhone 8のボトルネックとなりうるため、Samsung Galaxy S8のように背面に移動したTouch IDが採用される可能性が高いとしています。

Both Samsung and Apple tried to enable in-display fingerprint sensing on full-screen OLED phones in 2017, but their optical tech seems immature and the major iPhone 8 bottleneck. Some thus speculate the fingerprint sensor will be removed and replaced by 3D sensing. Our latest supply chain checks indicate the iPhone 8 will still have the sensor given security, user-friendliness, and a need for payments infrastructure, but there is a high chance it will be on the back like Samsung's Galaxy S8.

背面Touch IDの位置は、カメラのレンズに近すぎるとして一部のレビュアーに不評なGalaxy S8と異なり、よりタッチしやすい低い位置(筐体中央)に設置されると予想されています。

またiPhone 8のサイズは、iPhone 7よりわずかに大きく、iPhone 7 Plusより小さい、144mm x 71mm x 7.69mmと推測されています。

Iphone 8 benjamin geskin 800x666

なお最近iPhone関連のリーク情報を次々と発表しているBenjamin Geskinは、図面を元にレンダリング画像を作成していますが、「情報源はこれは偽物で1000%間違いだと言っている」とつぶやいています。

全面ディスプレイ化によってiPhoneの最も重要な機能の一つであるTouch IDがどうなるのか今後も注目を集めそうです。

スポンサーリンク