Touch IDが背面に?驚愕デザインのiPhone 8図面がリーク

Crop

中国のソーシャルネットワークサービスWeiboで、Appleが今年発売する新型のiPhoneのものとされる図面が公開されている事が発見され話題となっています(MacRumors9to5Mac)。

画像はいわゆる「iPhone 8」のものとされており、ディスプレイが全面化して、筐体の背面にTouch IDが移動し、デュアルレンズの並びが縦になっているのが特徴です。

本体サイズは画像の表の一番右側に掲載されている情報から、149.501×72.497×8.624mmであることがわかります(ただし厚みはカメラのでっぱり部分を含んでいる模様)。ざっくり言うと、138×67.1×7.1mmのiPhone 7(無印)を少し大きくしたようなサイズ感であることがわかります。

またサイドのボリュームボタンや電源、SIMトレイの配置はかわらず、相変わらず3.5mmヘッドフォンジャックは存在しないようです。

さらに「EVT03」文字列より、 Design Validation TestやProduction Validation Testに先駆けて行われる、Engineering Verification Testingの段階にあることがわかります。

Touch IDが背面にあると、認証のたびにiPhoneを持ち上げる必要があるため、かなり使いづらそうなデザインです。AppleInsiderのように、この情報は嘘であると否定するメディアも存在します。

スポンサーリンク