HomePodのファームウェアがiPhoneの「SmartCamera」機能を示唆。顔認証でApple Payも可能に?

Smartcamvariousscenes

Appleが先日公開した「HomePod」のファームウェアからさまざまな情報が発見されているなか、今度は新型のiPhoneの機能(あるいはiOS 11の機能)に、「SmartCamera」と呼ばれる機能が含まれていることがわかりました。

またiPhone 8に搭載され顔認証機能によって「Apple Pay」が利用可能になるのではないかとの情報も見つかっています。

SmartCamera

カメラに関する発見はiOS開発者Guilherme Rambo氏によるもので、ファームウェアに「SmartCamera」関連機能の情報が多数含まれていることを画像として公開しています。

機能の詳細は不明ですが名前から、花火や植物、ペット、スポーツ、空、雪、などのさまざまな撮影シーンを検出し、最適な露出やシャッター速度、その他必要な設定を自動で行うための機能であることがわかります。

加えて「freezeMotion」とよばれる機能も見つかっています。

Smartcampetbaby 800x309

こちらは赤ちゃんやペットといった特定の単語と関連付けられており、撮影対象が高速で移動する場合、理想のタイミングで自動的に撮影するための機能ではないかと見られています。

Pearlpassbookpayment 800x645

iPhone 8の顔認証でApple Payも可能に

一方Apple Payに関する情報はiOS開発者@r_idn氏によるものです。

HomePodのファームウェアの支払認証に関連したデータの中に「pearl.field-detect」や「pearl.pre-arm」という文字列が含まれていることから顔認証によってApple Payが可能になるのではないかとの指摘です。これまでの発見で「pearl」はAppleの顔認証のコードネームであることが分かっています。

iPhone 8にはTouch IDが存在しないのではないのかという予想が有力になるなか、今回の情報はこれを後押しするものといえるかもしれません。

スポンサーリンク