iPhone 8のステータスバーはこうなる?新たなレンダリング画像が公開

Iphone 8 forbes

今年発売されるiPhone 8は全面ディスプレイを採用する見通しで、これまで上下のスペースに存在したスピーカーやカメラ、ホームボタンがどうなるかが注目を集めています。

そのようななか、ForbesのGordon Kelly氏が、ケースメーカーNodusより情報を入手し、iPhone 8のステータスバー近辺のデザインがどうなるかがよくわかる新たなレンダリング画像を公開しています(9to5Mac)。

ForbesによるとiPhone 8は5.8インチディスプレイを採用しベゼルの幅は4mmに。ステータスバーの中央にフロントカメラや、スピーカー、センサーなどが位置する形式となるようです。ステータスバーの左側には電波の接続情報が、右側にはバッテリーの情報が表示され、その他の情報は画面下部の「ファンクションエリア」で確認できる方式になるとのこと。

S 20170725 90115

一方Touch IDがどうなるのかに関しては確信がないようですが、レンダリング画像の電源ボタンは少し大きくなっていて、Touch IDの電源ボタンへの埋め込みに含みを持たせているようです。

現在iPhone 8のTouch IDがどうなるのか、確定的な情報が存在しない状況です。Appleがどのような決断を行ったのか注目です。

スポンサーリンク