【KGI】iPhone 8の量産に遅れ?最悪のシナリオの可能性が高まりつつあるとの予想

Iphone 8 touch id idropnews

これますでに今年発売が期待される「iPhone 8」に関してさまざまな噂情報が流れていますが、実際に購入を決定している方にとってスペック以上に気になるのは、発売がいつになるのかという情報かもしれません。

今回Apple関連の予想でおなじみKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が新たなレポートを公開し、iPhone 8の量産が遅れると予想していることが判明しました(MacRumors)。

Kuo氏が投資家向けに公開したレポートのタイトルは「iPhoneの出荷に関する最悪のシナリオの可能性が上昇」というもので、iPhone 8の量産が、従来の8月〜9月から、10月〜11月に遅れる可能性があるとの予想が行われています。

9月発表は変わらないとのことですが、発表後数ヶ月は入手が困難になる可能性が高く、AppleのiPhone出荷数も例年を下回ると予想されています。

昨年のiPhone 7発売時も、新色であるジェットブラックが入手困難になったのは記憶に新しいところです。今年発売されるiPhone 8の早期入手も容易ではないのかもしれません。

スポンサーリンク