Appleの激安バッテリー交換費用は3,200円であることが明らかに。米国ではすでに対応が開始

S 20171231 92028

Appleは28日(米国時間)、バッテリーが劣化したiPhoneで処理速度が遅くなる問題に対し、2018年中は古いiPhoneのバッテリー交換費用を29ドルに引き下げるという思い切った発表を行いました。今回これに対応する日本語のサポートドキュメント「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」が公開されています。

内容は英文と同じで、「バッテリーが化学的に古くなると、特にバッテリー残量が低下している時にピークエネルギーの負荷を処理する能力が落ちるため、状況によっては結果的にデバイスが突然シャットダウンする」場合があり、これを防ぐため「iOS 10.2.1で、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE上での予期しないシャットダウンを防ぐため、ピーク負荷時の電力管理を向上させるソフトウェアアップデートを提供」を開始。このアップデートで「場合によってはアプリケーションの起動時間が長くなったり、そのほかの部分のパフォーマンスが低下する可能性」があるとの説明が個なわれています。

なお日本での気になるバッテリー交換対応に関しては、以下の通り説明されています。

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。詳細は近日中にapple.comでお知らせします。

9to5Macなどによると、米国では29ドルによるバッテリー交換対応がすでに始まっている模様。Appleの広報は以下のようなコメントを発表しています。

We expected to need more time to be ready, but we are happy to offer our customers the lower pricing right away. Initial supplies of some replacement batteries may be limited.

準備が整うのにもっと時間が必要だと予想していましたが、すぐに顧客に対して低価格で提供できることを嬉しく思います。一部の交換用バッテリの初期供給は限られている可能性があります。

ただし対象機種の説明に「バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方」と条件がつけられているのに注意が必要かもしれません。9to5Macのコメント欄によるとApple Storeで80%以上のバッテリー容量が残っている場合「正常」とみなされ、交換されなかったとの書き込みもあります。

スポンサーリンク