やばすぎる!iPhoneの日付を1970年1月1日に設定すると文鎮化する不具合が発見される

S 2016 02 12 10 15 44

iPhoneやiPadの日付を1970年1月1日に設定して再起動すると、最悪の場合デバイスが永久に使用不可能になるという危険な不具合が発見され話題となっています(9to5Mac)。

不具合は「設定 > 一般 > 日付と時刻」から「自動設定」をオフに変更し、1970年1月1日に日付を設定したあと再起動すると発生します。以下の動画では再起動後Appleロゴが表示されたところでiPhoneが固まることが確認できます(iTunesを使用しても復旧できないそうですので、興味本位で試すのはやめましょう)。

現在この不具合は、iOS 8以降の64bitプロセッサ(A7、A8、A8X、A9、A9X)を搭載したiPhoneデバイス(iPhone 5s / iPad Air / iPad mini 2以降)に影響すると見られています。

UNIXエポック時間まわりの不具合か

1970年1月1日と聞いて、開発者ならば誰もが想像するのがUNIX時間との関連です。Redditのスレッドでも不具合の原因について活発に意見がかわされており、やはりタイムゾーンとUNIX時間の取り扱いに関連した不具合ではないかとみられているようです(日付関係なくタイムゾーンの変更だけで同様の不具合が発生したと指摘しているユーザーも存在しています)。

スポンサーリンク