iPhoneの評判の悪い「Dライン」、新特許で完全消滅へ?

NewImage

iPhone 6の背面に存在する樹脂で作られたいわゆる「Dライン」。電波を通すために必要となる、必要悪のデザインと思われていました。

ところが今回、Dラインが今後消滅する可能性が発見され、注目を集めています(EngadgetBusiness Insider)。それは、Appleが、電波を通すことができる新たなメタル新素材の特許「NON-CAPACITIVE OR RADIO FREQUENCY-TRANSPARENT MATERIALS WITH ANODIZED METAL APPEARANCE」を取得していたことが判明したため。新素材は金属風の外観を持ち、筐体の一部として使用可能。RFアンテナやタッチパッド、タッチスクリーンの機能を損なうことなく使用できる素材とされています。

iPhone 6のDラインは、見た目が悪いという問題のほか、ジーンズの色が移ってしまう問題も指摘されていました。新素材で、デザイン面、機能面ともに改善されることになるのか注目です。

スポンサーリンク