Apple、画面埋め込み式、背面Touch IDの研究は一切なし。噂を否定

Touchid

Appleは11月3日全面ディスプレイを採用した「iPhone X」を発売します。

iPhone Xでは結局、これまで利用されてきた認証機能「Touch ID」が、顔認証による「Face ID」によって置き換えることになったのですが、発表にいたるまで、Touch IDがどうなるかに関してはさまざまな噂が流れていました。

例えば画面の下に埋め込んだり、背面に設置したりといったさまざま方法が予想されていたのですが、それらは事実でないとAppleのチーフエンジニアDan Riccio氏が否定したそうです(MacRumors)。

Riccio氏がTechCrunchのMatthew Panzarino氏に伝えたところによると、Appleが指紋認証機能を、(画面埋め込み式のような)そのような方法で実装するために使用した時間は一切なかった(spent no time)とのこと。

"I heard some rumor [that] we couldn't get Touch ID to work through the glass so we had to remove that," Riccio says, answering a question about whether there were late design changes. "When we hit early line of sight on getting Face ID to be [as] good as it was, we knew that if we could be successful we could enable the product that we wanted to go off and do and if that's true it could be something that we could burn the bridges and be all in with. This is assuming it was a better solution. And that's what we did. So we spent no time looking at fingerprints on the back or through the glass or on the side because if we did those things, which would be a last-minute change, they would be a distraction relative to enabling the more important thing that we were trying to achieve, which was Face ID done in a high-quality way."

画面埋め込み式Touch IDの噂は、2016年の5月、著名ブロガーJohn Gruber氏がThe Talk Showで予想したところから始まります。一方信頼と実績のあるAppleアナリストMing-Chi Kuo氏は7月のレポート以降、一貫して顔認証の採用を予想していました。

Kuo氏は最新のレポートで、2018年発売のiPhoneでは全モデルでFace IDが採用されると予想しています。こちらも当たるのでしょうか。注目です。

スポンサーリンク