iPhone Xで着信が遅延する不具合が発生中 - Appleも認識

Iphonex front side flat

Financial Timesは2月4日(現地時間)、少数のiPhone Xのユーザーが着信時に表示が遅延する問題を経験していると伝えています(MacRumors9to5Mac)。Appleは問題を認識しているようで、MacRumorsに対し「レポートを調査中」とのコメントを伝えたとのこと。

Appleサポートコミュニティの議論によると、今回の不具合はiPhone Xが着信する際、ディスプレイが最大10秒間オンになるのが遅れる現象です。着信と同時に着信音が鳴り始めるものの、発信者IDや「応答」「拒否」ボタンが表示されないまま10秒が経過し、その間に呼び出しが切れてしまう不具合です。

影響受けるiPhone Xのユーザーは11月に端末を入手した直後からこの問題を経験していて、現時点でのiOSの最新版iOS 11.2.5でも問題が修正されていないようです。またiOS 11.2や、初期のiOS 11でも不具合は発生する模様です。

不具合を報告しているユーザーの数はあまり多くないようですが、原因がソフトウェア的なものか、ハードウェア的なものかも不明で、早期の解決が待たれています。

スポンサーリンク