iPhone X、川の中で2週間サバイブし持ち主の元に帰還

S 20180612 93627

小さな筐体に最新技術がつめこまれたスマートフォン。川や海など水辺の自然環境との相性はかなり悪そうですが、技術の進歩によって耐久性はかなりあがっているのかもしれません。

川にもぐって見つけた紛失物を持ち主に返す「リバートレジャーダイブ」活動を実践しているYouTubeチャンネルMan + Riveが、川の中から銀色のiPhone Xを発見し、動作する状態で持ち主に返却することに成功したことが判明しました(9to5Mac)。

iPhone Xのオーナーは若いお母さんで、赤ちゃんの写真を保管してあったiPhone Xをバックアップしていなかったため、この思わぬ発見に想像以上に興奮している模様。

iPhone XはIP67クラスの防水性を備えていますが、川の中で少なくとも二週間を過ごしたiPhone Xはそのままでは動作せず、筐体を開き数日間乾燥する必要があったようです。

スポンサーリンク