iPhone Xはディスプレイの「焼き付き」に注意?Appleがサポートドキュメントを公開

Iphonex front side flat

Appleの新型スマートフォン「iPhone X」には、Super Retina ディスプレイと呼ばれるOLEDディスプレイの進化版が搭載されています。高いコントラストによって、これまでのRetinaディスプレイよりもさらに美しい色の表現が可能な反面、OLEDディスプレイに特徴の「焼き付き」現象には注意が必要かもしれません。

Appleは「iPhone X の Super Retina ディスプレイについて」と呼ばれるサポートドキュメントを公開し、Super Retina ディスプレイの特徴とともに、いくつかの注意点を案内しています(iDownloadBlog)。

OLED ディスプレイを見る角度を変えると、色味や色合いが若干変化するのに気付くかもしれません。これは、OLED の特性で、問題ではありません。長期的に使っているうちに、見え方に若干の変化が見られる場合もあります。これもまた予想されることで、「残像」や「焼き付き」など、画面に新しい画像が表示された後も前の画像がかすかに残って映るといった現象も、起きるようになる場合があります。極端な例になると、高コントラストの同じ画像が長い時間表示され続けることもあります。Super Retina ディスプレイの開発にあたっては、こうした OLED の「焼き付き」現象の低減という点でも、業界最高を目指しました。

OLEDディスプレイは見る確度によって、若干色味や色合いが変化し、長期的に使っているうちに見え方にも若干の変化が見られる場合があるとのこと。

同じ画像を表示し続けた場合に発生する可能性のある「残像」や「焼き付き」はOLEDディスプレイ特有の症状のようですが、Super Retinaディスプレイではこの現象の低減を目指して開発されているようです。

同ドキュメントでは、明るさの自動調節機能を有効にする方法や、ディスプレイを使っていないときにこまめに電源を切るように設定する方法など、ディスプレイの劣化を防ぐ方法がいくつか紹介されています。iPhone Xユーザーの方は確認しておいた方がよさそうです。

スポンサーリンク