iPhone XSがアプリ起動テストでiPhone 11 Proになぜか勝利

IPhone XS vs iPhone 11 Pro 768x599

Appleが発売を開始したiPhone 11シリーズには、A12よりも20%処理速度が向上したA13 Bionicプロセッサが搭載されています。

Geekbenchなどによるベンチマーク速度ではA13シリーズの性能が向上していることがたしかに確認されているのですが、例年行われているアプリの起動速度のテストで何故か、iPhone XSがiPhone 11 Proを上回るという不思議な結果がでたことがわかりました(9to5Mac)。

EverythingAppleProが実施したテストは、iPhone 11 Pro、iPhone XS、iPhone Xでさまざまなアプリを順に起動していき、終了するまでの時間を比較するというものです。2回実行して最初のラップではiPhone 11 Proが1秒ほどiPhone XSを上回っていますが、2回実行後の最終的な結果では、iPhone XSが5分21秒、iPhone 11 Proが5分49秒、iPhone Xが7分27秒とiPhone XSがトップになっています。

iPhone 11 ProとiPhone XSは同じ4GBのRAMを搭載しているため、このような結果がでた原因は不明ですが、EverythingAppleProの実施したテストにはカメラアプリの起動が含まれており、iPhone 11専用の機能を含むカメラアプリがより多くのメモリを使用し、テストに悪影響を与えたのではないかとも予想されています。

来週のiOS 13.1で、この結果が逆転することになるのでしょうか。

スポンサーリンク