Apple、不具合発生バッテリーを無償で交換する「iPhone 5 バッテリー交換プログラム」を突然始める

NewImage

Appleは本日、不具合が発生したiPhone 5のバッテリーを無償で交換する「iPhone 5 バッテリー交換プログラム」を発表しました(MacRumors9To5Mac)。

発表された不具合の症状とは「iPhone 5 のバッテリー駆動時間が急に短くなったり、より頻繁に充電が必要になったりする」というもの。2012年9月から2013年1月の間に販売されたごく一部のiPhone 5が該当し、シリアル番号を入力することで確認することができます。不具合が確認された場合、日本では2014年8月29日から交換手続きが開始されます。

2012年9月から2013年1月といえばiPhone 5が発売された直後の時期ですね。自分のiPhone 5も該当している危険性があるので早速チェックしてみました。

iPhoneから確認するのが確実か

シリアル番号はiPhoneの設定画面から確認することができるので、そのままiPhoneを使って「iPhone 5 バッテリー交換プログラム」サイトを開き、シリアル番号をペーストするのが簡単です。

Settings
Web

「設定アプリ」を起動し、「一般 > 情報」で、下のほうにあるシリアル番号を長押ししてコピーします。 iPhone 5 バッテリー交換プログラムサイトをSafariで開き、ペーストして「送信」を実行します。

結果次のように表示され、対象でないことが判明しました(セーフ)。

入力されたシリアル番号は本プログラムの対象にはなりません。理由は次のいずれかです。
- シリアル番号が対象範囲から外れているため
- 弊社の記録によると、お使いの iPhone のバッテリーはすでに交換されているためバッテリーをすでに自費で交換された方は、Apple にお問い合わせの上、返金の対象となるかどうかご確認ください。

ちなみに2013年3月以前に製造されたiPhone 5を対象とした「iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」なんてのも行われています。こちらのチェックもお忘れなきよう。

スポンサーリンク