iOS開発者、リーク画像から「iPhone 6」4.7インチモデルの解像度を1334 x 750と推測

NewImage

昨日Feld & Volkが公開して話題になった「実際に稼働中のiPhone 6 (4.7インチモデル)」の画像と動画から、iPhone 6の画面の解像度が1334 x 750のように見えるとの指摘が行われています(MacRumors)。

最初にこう指摘したのは、iOS開発者のSteven Troughton-Smith氏。動画に表示されている「Connect To iTunes」イメージのサイズと実際の画面の割合から、画面の解像度を667x375pt(2xRetinaで 1334 x 750ピクセル)と見積もっています。

MacRumorsでも上記のように「Connect To iTunes」画面で実際にイメージが表示されている部分の割合(青い矢印)と、非表示部分(赤い矢印)の割合を測定し、縦方向へ17.5%大きくなっていいることを確認。1136(iPhone 5s) x 1.175 = 1334になると検証しています。

昨日iOS 8 Betaで、@3x画像が優先的に読み込まれる事実も発見されており、これは有名ブロガーJohn Gruber氏が予測したiPhone 6解像度が正しい可能性を示しているのかもしれません。

  • 4.7インチディスプレイ: 1334 × 750, 326 PPI @2x
  • 5.5インチディスプレイ: 2208 × 1242, 461 PPI @3x

5.5インチモデルは@3x解像度がついに登場するのでしょうか。9月9日の正式発表に期待ですね。

スポンサーリンク