5.5インチ版「iPhone 6」でアプリの横向き表示がiPad風になるかも?

NewImage

間もなく発表される「iPhone 6」は4.7インチ/5.5インチの2ディスプレイサイズ構成になるともっぱらの噂です。4.7インチ版は従来のiPhoneの画面拡大版と考えてよさそうですが、5.5インチ版は少し変わった機能を持つことになるかもしれません。

9To5Macは、5.5インチモデルでアプリを横向き(=ランドスケープモード)で起動したときに、「iPad風のインターフェイス」で表示されると伝えているからです(iDownloadBlog)。

5.5インチ版だけiPadに近づく?

この情報はiOS開発者のSteve Stroughton-Smith氏が発見したもの。シミュレーターをiPhone 6の5.5インチ版のディスプレイサイズと思われる736 x 414ポイント(3xRetinaに換算すると2208×1242ピクセル)で起動すると、上記画面のようなiPad風のインターフェイスが表示されたそうです。

NewImage

連絡先アプリもこのように画面が2ペインに分割されて表示されています。4.7インチ版のスクリーンサイズで試したところ今まで通りのインターフェイスが表示されたそうなので、「iPhone 6」5.5インチ版だけ特別扱いされているのかもしれません。

本当ならば大々的な発表が9月9日に行われそうですね…。

スポンサーリンク