カメラが大幅強化?バッテリー容量増加?サファイアガラス?「iPhone 6」の新噂情報まとめ

NewImage

今年9月に発売が予想される新型「iPhone 6」はどのようなものになるのでしょうか。画面の大型化、薄型化、側面のカーブなどすでに様々な噂情報が流れていますが、最近は内部のパーツに関する詳細な噂情報まで流れだしています。

そこで今回はここ数日で流れた新噂情報をまとめてお届けしたいと思います。

噂1: カメラが大幅強化

NewImage

まずiPhone 6に1300万画素のカメラが搭載されるという噂が流れています(MacRumors小龍茶館)。

情報によると、この1300万画素カメラはSonyの1/2.3″ Exmor RS CMOSセンサーを搭載しており、CMOSセンサーを特注品に変更したものになっているとのこと。現行800万画素カメラと比較すると画素数的には大幅パワーアップすることになるので話題となっています。

噂2: バッテリー容量は微妙に向上

NewImage

iPhone 6のバッテリー写真が流出しています(Nowhereelse.frMacRumors)。

情報源はフランスにおけるiPhoneリーク情報の雄Nowhereelse.fr。流出した写真の中ほどに「3.82V 1810mhA」と記載されていて、これは現行iPhone 5sの「3.8V 1560mAh」と比較すると小幅に増加していることが分かります。

この容量はライバルGalaxy S5や、HTC Oneと比較すると小さいものですが、ハードウェアとソフトウェアを統合するAppleの強みが生かせれば実用上は問題のないバッテリー持続時間を維持できると見られています。

噂3: サファイアガラス採用はiPhone 6のハイエンドモデルだけ

NewImage

以前からiPhone 6には、サファイアガラスのカバーが採用されるのではないかという噂が流れていますが、今回サファイアガラスは全てのiPhone 6モデルで採用されず、ハイエンドモデル(128GBモデル?)に限定されるかもしれないという噂が流れています(9To5Mac)。

情報源はJP Morganのアナリスト。サファイディスプレイカバーは2014年に1000万ユニット生産されるのに対し、iPhone 5sは2014年Q1に5100万台も売れていることから、全てのモデルで採用できないだろうというのが根拠。そこでサファイアガラス採用をハイエンドモデル(128GBモデル)に限定し数を抑えるのではないかという主張です。

128GBのハイエンドモデルだけ別のカバーを採用するのはコストが嵩みそうですけど(ハイエンドだからあり?)どうなんでしょうか。

スポンサーリンク