「iPhone 6」4.7インチモデルの「カメラリング」の詳細が明らかに?

NewImage

「iPhone 6」のデザインで個人的に気になっている点の一つが背面のカメラの保護部品、通称「カメラリング」の出っ張りがあるかないかです。iPod touch 第5世代でも採用されているこのデザインは本当に新型「iPhone 6」でも採用されるのでしょうか。

このヒントとなる画像がおなじみ台湾のAppleClubから公開され話題となっています(AppleClub[英語翻訳]、MacRumors9To5MacAppleInsider)。

AppleClubの画像によると、カメラの出っ張りはやはり存在し、その高さは0.67〜0.77mm。ついでにiPhone 6 4.7インチ版のコードネームはN56、5.5インチはN61であるということ。

iPhone 6全体の厚さを7mmに抑えるために、この出っ張りは致し方ないものなのかどうなのか。iPod touch 第5世代の出っ張りの評判があまりよろしくようなので気になっています。カバーを装着すれば問題ないかもしれませんが。

スポンサーリンク