「iPhone 6」、「iPhone 6」を落とすとどうなる?結果が明らかに

NewImage

もし購入したばかりのiPhone 6を地面に落としてしまったら?

iPhoneユーザーなら考えるだけでも恐怖な出来事ですが、世の中には実際に落としたらどうなるかをテストする「ドロップテスト」を実施する研究熱心な(?)な人々も存在しています。

発売されたばかりの「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」でも早速ドロップテストが実施されているのでいくつかまとめてみました。

PhoneBuff: 両方割れる

↑世界初のiPhone 6とiPhone 6 Plusのドロップテストと称して、PhoneBuffが実施したものです。

iPhone 6はサイドと背面のドロップテストは持ちこたえることができましたが、フロント面から落とした時はガラスが壊れています。iPhone 6 Plusはサイドから落とした段階でガラスが割れてしまいました。

Android Authority: 無事

↑Android Authorityによるテストでは異なる結果がでています。サイド、背面、フロントなど何通りもの方法でドロップテストを行っていますが、ガラスは無事に保たれています(動画のテンションが高い…)。

アクシデント: 無事

iPhone 6購入後、インタビューを受けている少年が箱を開けようとしてiPhone 6を落下させてしまう悲劇が報じられています。幸いガラスは無事だったようですが、かわいそすぎですね。

まとめ

落下時の高さ、地面状態、角度などで、どのような結果になるのかまったく予想できないことが分かりました。

iPhone 6とiPhone 6 Plusの重量は、iPhone 5、iPhone 5sよりも増えていて「f = ma」の公式より落下時の荷重が大きくなっていること、また大きさも変わっているので、なれるまで取り扱いには十分注意したほうがよさそうですね。

スポンサーリンク