「iPhone 6」にまたまたGate。今度は「Graygate」が発覚か?

IMG 2187

ポケットで折れ曲がることが問題となった「Bendgate」。髪の毛やヒゲが挟まるという「Hairgate」。問題が実際に存在するかどうか真偽はどうあれ、発売以来「iPhone 6/6 Plus」に対し様々な問題が取り沙汰されてきたことは確かです。

今回、ここに新たなGateが追加されようとしているかもしれません。それはiPhone 6のスペースグレイモデルにだけ画面形状に著しい個体差がある(らしい)という問題。名前をつけるとすれば「Graygate」でしょうか(汗。

スペースグレイだけ?

今まで様々な保護フィルムやガラスフィルムを実際にiPhone 6に貼り付けて検証してきた週アスPLUSで、ガラスフィルムがうまく貼れず「浮いてしまう」原因としてiPhone 6の画面形状の違いを原因として指摘しています(iPhone 6用保護ガラス 幅を迫れない原因は画面形状の著しい個体差だった)。しかもガラスメーカD社のS氏の話として「iPhone 6 スペースグレイ」でのみこの問題が発生しているとも言及しています。

なお、ガラスメーカーD社のS氏によると、現時点ではiPhone 6のスペースグレイでのみ著しい個体差が確認されているそう。編集部でもスペースグレイ以外の何台かに貼ってみましたが、“浮き”は発生しませんでした。

にわかには信じがたい情報ですが、本当だとしてもなぜスペースグレイだけそんなことが起こるのでしょうかね。謎すぎです。

スペースグレイモデルユーザーとしては非常に気になるこの問題。家電量販店などでたくさんのiPhoneにフィルムを貼り付けているフィルム貼り師の方などの意見もききたいところです。

スポンサーリンク