「iPhone 6s」は曲がりの心配不要?Unbox Therapyが少し厚くなった筐体映像を公開

NewImage

今年発売予想される「iPhone 6s」は、「iPhone 6」よりも強度の高い筐体が採用されることになりそうです。作年iPhone 6の筐体を素手で折り曲げる動画(いわゆるBendgate動画)を公開して話題となったUnbox Therapyが、iPhone 6sのものとされる筐体動画を公開し話題となっています(MacRumors9to5MacNeowin)。

音量調節ボタン付近が強化

今回公開された動画で注目すべき点は、音量調節ボタンの近辺のケースの厚みで、iPhone 6の1.14mmから1.9mmへ厚くなっていることが確認できます。

NewImage

iPhone 6/6 Plusでは音量調節ボタン付近から折れ曲がっている事例が多く確認されたので、この部分が特に強化された可能性がありそうです。

その他、筐体サイズはiPhone 6が138.09mm x 66.91mmだったのに対し、iPhone 6sは138.2mm x67.16mm。重さは27gに対して25gとiPhone 6sの新型筐体のほうが軽くなっています。

Bendgateは作年あれだけ話題となっただけに、iPhone 6sでも必ず追試が行われることが予想されます。iPhone 6s世代ではBendgateの悩みは不要となったのかどうか注目されそうです。

スポンサーリンク