狭ベゼルで限界まで攻めた「iPhone 7」のコンセプトデザインが凄い

Iphone7

様々なiPhoneコンセプトを発表していることで知られるデザイナーMartin Hajek氏が、Business Insiderとコラボレーションし「IPHONE 7?」と出した新しいiPhone 7のコンセプトデザインを提唱しています。

このコンセプトはiPhone本体のサイズを大きくすることなく、ディスプレイのサイズを限界まで拡大することを目指したもの。ベゼルを狭くしたり、ディスプレイ領域をフロントパネル全体まで拡張することで、本体サイズを維持したまま画面サイズの拡大を実現しています。

ホームボタンの周辺も無駄なく活用

Iphone7 2

上の画像の真ん中が実在の「iPhone 6」、左側が狭ベゼル化したコンセプト、右側が真のフルスクリーンディスプレイを搭載したコンセプトです。

ホームボタンやスピーカーの周辺にまでディスプレイが拡大することは一見無理に思えますが、シャープが開発した新型の自由形式液晶ディスプレイが利用できれば可能性はあるかも?ということ。

iPhone 6が多くなってしまって困っているという方にとっては是非とも実現してもらいたいコンセプトかもしれません。

スポンサーリンク