ありうる?Apple Watch風のデジタルクラウンを搭載した「iPhone 7」コンセプト

NewImage

Appleが発売するウェアラブルデバイス「Apple Watch」にはデジタルクラウンと呼ばれる、竜頭型コントローラーが搭載されています。もちろん従来の腕時計のようにゼンマイを巻くためのものではなく、画面を拡大、縮小したり、スクロールしたり、ホーム画面に戻ったりすることができる多機能ツールとしての機能を担っています。

このデジタルクラウンを次世代「iPhone 7」に搭載されたらどうなるかというコンセプト画像が公開されています(BehanceRedmond Pie)。

NewImage

デジタルクラウンには、ホームボタンとしての機能ほか、Touch IDセンサー機能も内蔵するように考えられています。ホームボタンを撤去できれば、その分ディスプレイサイズを大きくできるので、本体のサイズをコンパクトに抑えつつ、大画面化を達成するための切り札になるかも?

あくまでもコンセプトですが、Apple Watchが大流行すれば、このような未来がきてもおかしくないのかもしれません。

スポンサーリンク