「iPhone 6s」は、Qualcomm製LTEモデムを搭載し、速度倍増へ?

NewImage

iPhoneの発売時期が近づくに従い、iPhone 6sの噂情報がどんどん増えてきました。9to5Macが、昨日のiPhone 6s筐体写真に続き、iPhone 6sのものと思われるロジックボードの写真を公開しています(9to5MacMacRumors)。

NewImage

写真のロジックボードはQualcommのMDM9635Mチップを搭載。"9X35"Gobiモデムプラットフォームと知られていて、"9X25"を採用するiPhone 6s、Plusと比較すると大幅なパフォーマンスの向上をもたらすことが予想されてます。具体的には下り速度は最大300Mbpsと、iPhone 6の2倍。また効率的な電力使用により、バッテリー持続時間の向上にも貢献することが期待されています。

スポンサーリンク