【KGI】新しい6.1インチiPhoneは、予想より低いiPhone Xの売上を取り戻す

Iphone x plus mockup 800x522

アジアのサプライチェーンからの情報を元に、Apple製品の正確な予想を行うことでおなじみのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が新たな分析レポートを公開。iPhone X、iPhhone X Plusと6.1インチの低価格iPhoneに対する予想を行っています(MacRumors9to5Mac)。

まずは注目の6.1インチiPhoneに関する情報は以下の通り(太字は新情報):

  • 台湾のPegatron、Foxconn、Wistronが主な組み立てメーカーで、60%、30%、10%の割合
  • ジャパンディスプレイは70%のLCDパネルを供給する。4辺全てが0.5mmのウルトラスリムベゼルを採用した6インチのフルアクティブLCDが使用される
  • ホームボタンはなくTrueDepthセンサーのためのノッチが存在
  • Face IDとアニ文字のための3Dセンサー
  • 容量2,850-2950mAHの長方形のワンセルバッテリー。内部ロジックボードの小型化と製造工程の進化により、iPhone Xより8.5%大きい容量を実現
  • 米国で700ドル〜800ドルから開始

新型iPhone XとiPhone X Plusに関してはこちら:

  • RAMが4GBに増量
  • iPhone X Plusのバッテリー容量は3,300-3,400 mAh
  • iPhone X後継機の末弟ー容量は2,700-2,800mA(現行とほぼ同じ)

Kuo氏は「予想よりも低い」iPhone Xの出荷数の主な原因が高い価格にあるとして、低価格な6.1インチのLCDモデルにより需要が取り戻せると考えているようです。新しく追加される6.1インチのLCD iPhoneは、ハイエンドモデル同様にFace IDとノッチデザインを採用していますが、3D Touchと背面のデュアルカメラが省略されるとのこと。

スポンサーリンク