【KGI】iPhone 8は全3機種ワイヤレス充電対応でコスト増大へ

S 20170205 102047

Apple関連の予想で有名なKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、2017年に発売されるiPhoneに関する新たなレポートを発表。発売される3機種全てにワイヤレス充電が採用されると主張して注目を集めています(MacRumors)。

ここで3機種とは同氏が以前から予想している、従来からの4.7インチ、5.5インチモデルに、OLEDディスプレイ採用の5インチモデル加えたラインナップを指しています。

今回はこれらの3機種全てにワイヤレス充電機能が搭載されるとレポートしています。

While we don’t expect general users to notice any difference, lamination of an additional graphite sheet is needed for better thermal control and, thus, steady operation; this is because FPCB is replaced with film, which is more sensitive to temperature change of the 3D touch sensor in OLED iPhone.

ただしワイヤレス充電による内部温度上昇の影響を防ぐため「追加のグラファイトシートラミネーション」を備えた新しい3Dタッチモジュールが必要で、これによって3D Touchモジュールのコストが上昇し、最終的にはiPhone自体の値段も上昇してしまうと予想されています。

iPhone 8の価格が1,000ドル程度に上昇するとの予想もあるなか、10周年記念モデルは機能面以外に価格設定の面でも注目を集めそうです。

スポンサーリンク