【KGI】リソース不足で「iPhone SE 2」は結局無し?

Iphonesearray 800x620

先日台湾のメディアDigiTimesが、今年の5月か6月に、ワイヤレス充電をサポートした「iPhone SE 2」が発売される可能性があると報じていることをお伝えしました。ところがおなじみのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏ははこの報道に同意せず、iPhone SE 2が発売されない可能性があると考えているようです(MacRumors)。

Kuo氏の根拠はAppleが今年iPhone Xの後継機、iPhone X Plus、6.1インチのLCD iPhoneの3モデルを開発する予定で、「iPhone SE 2」を開発するために必要な十分なリソースがないというものです。

With three new models in the pipeline for the second half of 2018, we believe Apple may have used up its development resources. Also, we think the firm will do all it can to avoid repeating the mistake of a shipment delay for the three new models. As such, we believe Apple is unlikely to have enough spare resources to develop a new iPhone model for launch in 2Q18.

2018年の後半にパイプラインに3つの新しいモデルが追加されることで、Appleは開発リ
ソースを使い果たす可能性があると考えています。 また(iPhone Xが遅れたように)3つの新しいモデルの出荷遅延の間違いを繰り返すことを避けるために、会社が出来る限りの努力をすると考えています。 このことから、Appleは2Q18に向けて新しいiPhoneモデルを開発するのに十分な余裕がないと考えています。

Kuo氏は実際に「iPhone SE 2」がリリースされるとしても、ワイヤレス充電やFace IDといった新機能が導入される可能性が低く、プロセッサのアップデートや、低価格化といったマイナーアップデートにとどまるだろうとしています。

スポンサーリンク