Kuo氏、2018年iPhoneスペックを発表。Apple Pencilのサポートは結局なし?

2018iphonelineupdummy 800x518

Apple関連製品の著名なアナリストMing-Chi Kuoが、新型iPhoneは「良いユーザー体験をもたらさない」ためApple Pencilをサポートしないなどとした、あらたな調査レポートを公開したことがわかりました(MacRumors)。

まずKuo氏は2018年型iPhoneの発表に関して、9月9日の週に行われると主張しています。5.8インチと6.5インチのOLED iPhoneは9月中に発売されるそうですが、6.1インチモデルは製造工程上の問題によりわずかに遅れる可能性があるとのこと。

また新型iPhoneのスペックに関して以下のような比較表も公開しています。

Kuochart 800x443
6.5インチOLED 5.8インチOLED 6.1インチLCD
プロセッサ A12 A12 A12
解像度 2,688x1,242 2,436x1,125 1,792x828
メモリ 4GB 4GB 3GB
ストレージ 64/256/512 64/256/512 64/256
SIMスロット 1/2 1 1/2
Face ID
リアカメラ Dual 12MP(6P & OIS) Dual 12MP(6P & OIS) Single 12MP(6P & OIS)
アンテナ 4x4 MIMO 4x4 MIMO 2x2 MIMO
フレーム ステンレス ステンレス アルミ
バッテリー 3,300〜3,400mAh(2セル) 2,700〜2,800mAh(2セル) 2,600〜2,700mAh(1セル)
カラー 3 3 5
価格 900〜999ドル 800〜899ドル 600〜699ドル

Kuo氏は安価な6.1インチのLCDモデルが、2018年後半と2019年前半の新型iPhoneの出荷台数のそれぞれ50〜55%と65〜70%を占めると見込んでいます。

スポンサーリンク